×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブラックでも借りられる賃貸

ブラックでも借りられる賃貸

ブラックの人だと金融や銀行又はクレジットカードなどのカードローンの審査では必ず落ちてしまう事となりますが
アパートなど借りる際の賃貸の審査では実際の所どうなる事なのでしょうか。

 

ブラックであればあらゆるローン契約は基本不可能となってしまう為
この点についても心配されている人もいる事だと思いました。

 

  • 自分はブラックだから部屋が借りれない?
  • 自分はブラックだから引越し出来ない?
  • 自分はブラックだから何処にも住めない?

 

いくらカードローン審査とは違うとは言えど
賃貸などでもブラック名義では厳しいのでは?

 

多数の不安の声もあるみたいでした。

 

これに関してはクレジットがブラックの人でもキャッシング審査に落ちる人でも
カードローン申し込みが出来ないブラックの人であっても

 

不動産契約の審査において信用情報機関の照会は重視されないとの事でした。

 

原則としてブラック登録されている事を知られる事が無いという事になるみたいですね。

 

結果的にブラック名義の人でもアパートなど借りられるという事になります。

 

不動産契約の審査って結構シビアなイメージでしたが
割と信用情報機関を重視されない点は甘い印象を受けました。

 

これで例え債務整理後ブラックになってしまったり
自己破産などでブラックになっているような人であっても賃貸において影響か無いという事が証明されました。

 

但し例外としては契約先の不動産の保証会社に信販系が絡んでいた場合
信販系イコールクレジットカード会社となる為
ブラックがバレてしまうとの事でした。

 

ブラックの人が部屋を借りるのであれば
こちらの保証会社には注意して契約するようにして下さいね。

 

ブラックなら信販系はNGです。

 

他にも保証会社の分類として賃貸保証機構加盟、全国賃貸保証業協会加盟、独立系などがありましたが
これらは信販系とは全て違い個人信用情報機関とは提携していないので賃貸契約が可能となっておりましたので安心して契約出来るようになっていました。